top of page

「中央大学附属高校」合格者インタビュー ~中学受験のリベンジ~

はじめに

安田くんは中学3年生から入塾してくれた生徒です。中学受験を経験しており、小学生時代の勉強の下地も活かして、中央大学附属高校に合格しました。

川崎学舎には、中学受験を経験し、あらためて高校受験を目指すために入塾してくれる子が一定数います。もう1度レベルの高い学校に挑戦したいと考えている方は、ぜひ本ブログを読んでいただければと思います。

また、安田くんは言語化する力に長けており、ブログの終盤では川崎学舎の魅力を秀逸な言葉で表現してくれています。ぜひ、最後まで目を通してください! 門野坂


第一志望の中央大学附属高校に合格した「安田くん」

門野坂:合格者インタビューということで、安田くんにお越しいただいております。本日はよろしくお願いします。

安田よろしくお願いします。

門野坂:受験お疲れ!

安田お疲れ様です。

門野坂:合格おめでとう。

安田ありがとうございます。

門野坂:それではまず自己紹介を、合格した学校もあわせてお願いします。

安田中央大学附属高等学校に合格しました安田です。

門野坂:ありがとうございます。第一志望という事でお間違い無いですか?

安田大丈夫です。 



学校説明会がきっかけで中附を目指すように

門野坂:中央大学附属高校(以下、中附)を目指したきっかけをまずは教えてくれる?

安田中学二年生のときに姉に連れられた中附の学校説明会が目指したきっかけでしたね。

私自身、中高一貫校に中学受験をして入学したので、高校受験をする気はあまりなかったのですが、その学校説明会っていうのは中附の「生徒の個人個人の個性を育てるという方針」に感銘を受け、中附を目指しました。

門野坂:どうしてお姉さんは(学校説明会に)連れて行こうみたいな流れになったのかな?

安田姉自身、海外に留学したりとかして結構上昇志向っていうか、日本の現状を見て日本から逃げた方がいいみたいなそういう事を言う人なので、僕を中附に…。姉自身、中附じゃなくても良かったのかもしれないですけどちょっと上を目指してもらいたかったのかなって僕自身思ってますね。


教師との接しやすさが入塾の決め手

門野坂:そんな中で川崎学舎っていう僕たちの塾を選んでくれてるわけだけど、川崎学舎に入塾するきっかけっていうのはなんだったのかな? 

安田これも姉がきっかけなんですけど、姉が突然中学三年生の夏休みの前くらいですかね。そのくらいにあなたに合う塾を見つけた!って言われて体験に来て、確かに僕に合ってるなって思って入りましたね。

門野坂川崎学舎のどういう所が合ってたのかな?

安田僕、昔から教師に質問するみたいなことが全然無くて。なんでかって言うと、自慢みたいになるんですけど、教師の言った事は大抵一、二度聞けば理解できるし、そんな質問する事も無かったので教師に質問するみたいなそういう機会が全然無くて聞くことに苦手意識を持っていて。

だけど、川崎学舎の生徒と教師の距離感がすごい近いというか接しやすい距離なと思って。だから、苦手意識もなく質問ができそうだったので結構僕に合ってるかなと思いました。

門野坂:なるほど。ありがとうございます。



苦手なところを伸ばす勉強

門野坂:じゃあ、川崎学舎の勉強の進め方っていうのはどういうものだったかも教えて欲しいなと思うんだけどどうかな?

安田そうですね、やっぱり苦手なところを伸ばすっていうふうに僕は感じましたけど。僕自身の実体験なんですけど僕は国語が結構出来て…

門野坂:そうね。

安田国語が上位の学校にも知識以外の読解力とかそういう所は通用するとこがあったのであまり得意分野は伸ばさなくていいかなっていう方針があって。

苦手になっている英語とか、他の子と比べて知識がそんなに入っていない数学とかを重点的にやるような感じではありましたね。それで勉強していってできない所があればさらにそこを中心に攻めていくっていう感じで、とりあえずできない所は減らすみたいな。とりあえず、全般ができるようにって感じかなと思いましたね。


中高一貫校だったが、受験勉強できる環境があった

門野坂:じゃあちょっと学校生活との両立っていう観点から話を聞きたいんだけど、中高一貫校の私立で周りは受験する人だらけじゃないよね?

安田:はい。

門野坂:そういう中で自分は受験をする。塾に通って勉強するっていう中でなかなかこう物理的に大変な面もあるだろうしメンタル的にも大変な部分もあると思っていて。そういう中学校生活との両立はどういうふうにこなしていったのかを改めて振り返って欲しいなっていう。どうかな?

安田色んな人に「俺、塾があるんだよね」とか「こういう日ずっと予定あるんだよね」みたいなのを話しておいて遊びに誘われても断れるような雰囲気を最初に作っておきました

塾が休みの日とか「俺、塾休みだけど遊べる?」みたいな逆に聞いてそういう感じで両立図ったりしてました。

門野坂:周りが受験しない中での受験って「あいつ何?」みたいなのとか、ちょっと嫌なプレッシャーとかは感じなかった?

安田感じなかったですね。そもそも、僕の学校は周りの事情があったりしたら全然「あ、いいよいいよ」みたいな感じで良い人が多いのもありましたし、同調圧力みたいなのがそんなに無いですし、僕自身周りは周り、自分は自分みたいな。影響受けやすいところはあるんですけど、でも割り切っているのが根底にはあって。だから、そんな苦労する事はなかったです。

 

理解できるまで徹底的に過去問を解き直す

門野坂:ありがとう。なるほどなるほど。

じゃあ、12月末から1月、2月を振り返っていただいて、直前期っていうのはどういうふうに過ごしていったのか。教えていただけると嬉しいんだけど。

安田やっぱり過去問を解く機会っていうのが多くなってて、1日にとりあえず1回は絶対過去問を解く。何年度とか一年分を解いたりとかして過ごして直しをするんですけど、その直しを僕は早めに終わらせるとかじゃなくて本当にじっくりやるんですよ。

数学とか英語とか、数学は特に時間かけてて、なんでこうなるんだっていうのを理解するっていう。

これはこういうものだからで終わらせるんじゃなくて、ちゃんと理解するっていうのを意識して。どれだけ時間がかかろうと絶対に理解できるまでやるっていう感じで直しをして過ごしましたね。

門野坂:なるほど。数学は論理性を扱う科目だから、確かに理由を突き詰めていくと次解いた時に妥当性高まってく側面がありそうだよね。

安田はい。

門野坂やったら身につけるよね、本当に。そこがすごいなと思って。

安田理解すれば論理立てられるし、根拠を持てるようになる


高得点勝負でもたしかに受かったという実感

門野坂:そうやって、問題を解く中でしっかり「なぜ」を突き詰めて中附に合格した時の気持ちはどうだったのか、改めて教えて欲しいんだけど。

安田それは嬉しかったです。嬉しかったですけど、そんなすごく喜んだとかすごく嬉しかったっていうわけじゃなかったです。中附の問題自体は割と簡単な方で、だけど合格点が高いっていうか、その分他のみんなも点数取っていくからそこで競争が起こって、高得点取りにいったけど受かれない人もいるよなっていう学校なので、僕自身試験当日にできたなっていう感覚はあったんですけど、だけど周りがどう取ってくるか分からないから。だから、自信っていうのは無かったわけじゃないですけど、そんなにあったわけではない。頭の中でどこかに「いや、でも受かってる」みたいなそういう感覚があって、それで翌日の朝、合格を目にしたときに喜んだと同時に「あ、やっぱりか」みたいなのが少しあった。

門野坂翌日の朝は一緒にいたわけだけどさ、合格結果を見たがってたもんね。俺はちょっと心配してたからドキドキしてたんだけど、すごい見たがってるなと思って。自信あるのかなと思ってて、その感じのまま画面を見たらまさしく合格で。なるほど、そういう心境だったのね。すごいよく分かった。


やりたくてもやれない人に向いている塾

門野坂:話は塾の方に戻っちゃうんだけど、川崎学舎での受験を終えて改めてどういう特徴の塾だったなというふうに振り返れますか?

安田塾のパンフレットだったか忘れたんですけど「最後まで向き合う」みたいなことが記載されていて、そういうところは確かにあるなぁって思っていて、先程も話した通り中途半端にできるが故に質問できない人でも質問ができるっていうのは結構良いところだと思います。

あと、生徒に寄り添ってくれるっていうが良いなと思います。…僕、昔1人教師が持ってクラスが30人とか20人とか、そこら辺の教師1人対生徒多数みたいな塾に通ってた時期があったんですけど、やっぱり大手とかそういうところでは生徒個人個人には目を向けられないというか、できない人はできないで、やらない人はやらないでそのままでいいよみたいな。「なんでやらないんだ」っていうのを言われることはあってもそんなに心に響かないっていうか、上っ面だけみたいに感じてしまう。

だけど、ここ(川崎学舎)はやらない人に対して、やらせてくれるみたいなことを感じるので、僕自身もそうだったんですけど、やりたくてやれない人っていうのは確かにいると思うんですよ。だから、そういう人にとっても通ってみるべき塾なんじゃないかって思いますね。



個性的な子が集まる川崎学舎

門野坂:ありがとう。僕自身もやりたくてやれない人なだと思って…すごい…良い言葉だね。ありがとう。

今話してくれた内容と凄い被っちゃうのはよく分かるんだけど、あらためてどんな子が川崎学舎に合うと思うかについてもちょっと言葉にして欲しいなと思って。

安田さっき言った通り「出来るがゆえに質問が出来なかったりする子」とか「やりたいけどやれないでいるみたいな子」には、最後まで向き合ってくれるので、やっぱりそういう子には良いかなと思いますし、あと周りに馴染めない子とかいるかもしれないんですけど、そういう子も教師の方々が結構親身になってくれたりとか積極的に関わってくれたりするところなので周りに馴染めない子が通っても良いんじゃないかなという。そういう子でも合うと思いますね。


自分のことを見てくれるから恐れず質問した方が良い

門野坂:三つ目の観点もまた面白いね。周りに馴染めない子…たしかに、そもそも川崎学舎には個性的な子が集まるしね。なるほど、ありがとう。

今後、川崎学舎への入塾を検討してる人たちにアドバイスをお願いできればと思います。 

安田そうですね。分からないことがあったら恥ずかしがらずにとりあえず質問して。質問した時に分からない単語っていうのが出てくるかもしれないんですけど、それについても「これってなんですか?」って聞けば答えてくれると思いますし、質問することを恐れずに。あと、結構自分に足りないところとかをよく見てくれるので先生方を信頼して勉強してそれで志望校に受かってもらえればなと思います。

 

川崎学舎は「最後まで寄り添ってくれる父親」のような存在

門野坂:はい。ありがとうございます。じゃあ、最後なんですが、色々話してきたところ振り返って安田くんにとって川崎学舎っていうのはどんな存在だったのかっていうのを語っていただければ。

安田そうですね、やれない時とかは背中を押すっていうか、まぁちょっと過激な表現になっちゃいますけど蹴り飛ばしてくれるだからと言って見放したりはしない。最後まで寄り添ってくれる父親みたいな…1番近いの父親かなって。

門野坂:良い表現。

安田そんな塾ですね。

門野坂:はい!というわけで本日は中央大学附属高等学校に合格された安田くんにお越しいただきました。本日は改めてありがとうございました。

安田:ありがとうございました


閲覧数:53回0件のコメント

Comentários

Avaliado com 0 de 5 estrelas.
Ainda sem avaliações

Adicione uma avaliação
記事: Blog2_Post
bottom of page