top of page

川崎学舎の英検対策

こんにちは。門野坂です。


第1回・英語検定の結果が出ました!


・準2級 合格3人 (中3:2人 中2:1人)

・3級 合格3人 (中2:2人 中1:1人)

・5級 合格1人 (中1:1人)


高校受験の加点に使われることもあり,今でこそ取るのが当たり前のようになっている英検ですが,


・英検3級 :中学卒業程度

・英検準2級 :高校中級程度


というレベル観を考えると,意外とむずかしいですよね。

きちんとした対策が求められてきます。


そこで今回は,"川崎学舎で行った英検対策"を紹介していきます!


①過去問

川崎学舎には,英検の過去問を揃えています。

英検に限らず,検定試験では「出題パターン」を掴んでいくことが重要です。





今回,英検を受ける中学生には「10年分解いてみよう!」というキャッチコピーを掲げ,予定を立てて過去問を解いていきました。


中学2年生までに,ほとんどの文法単元が終わっていた(※仮定法と分詞構文を除く)というのも,自学で学びを深めることが出来た要因だと思いますね。


②単語

単語帳は英検用のもの別途買っていただきました。

学舎でオススメしているのは,旺文社の『文で覚える単熟語』です。

通称「ぶんたん」と呼ばれているものですね。





こちらも予定を立てて,取り組んでいきました。

学生によっては自主性に任せるだけではなく,テストを作って取り組んでもらう人もいました。


準2級では,教育や科学といったテーマも出題されるようになります。

テーマに合わせ,専門的な単語を覚える必要性も出てくるんですね。



③英作文の対策

英作文って難しいですよねえ~。

やみくもに英語を書いているだけで,実力が付くものではないんですよ。


「じゃあ,何を対策すればいいんですか?😢」とお悩みの中学生に教えたい!

なんと!!日本英語検定協会が,受験する級に応じてモデルを提示してくれてるんです。

英検を主催している公式の団体が,対策のための冊子をつくってくれています。





たとえば準2級では,

「I have two reasons.」

「First~,Second~」

「Therefore,~」

といった表現を使うことを推奨しています。


逆に言えば,そういった表現を使って「型通り」に書けば,求められている50語~60語の字数は自然に超えるようになっていくんですね。



④二次試験(面接)対策

①~③では一次試験の対策に触れましたが,晴れて一次を突破した人は,二次試験の面接対策をしていくことになります。


面接を1人で対策していくというのは,至難の業なんですよね~

学舎では,個室に呼んで1対1で面接練習をしました。


1番対策をした生徒は,15回くらいは面接をやったんじゃないですかねえ(笑)

面接においても,たとえばDo you think ~?やAccording to the passage,how do~?といった聞かれ方のパターン,それに応じた答え方のパターンはあるので,数をこなすことで「型」を学んでいくことができます。


最初は,英語で返答することにつまずいていた中学生たちも,何日もかけて何度も練習を積み重ねることで,慣れて答えられるようになっていましたね。



◆おわりに

併願校取得など受験に役立つことはもちろん,英検は資格欄に書けたり,短期的な勉強の目標になったりと,英検受験するだけで得られるメリットはいくつもあると思います!


次回の英検は,


10月8日(日)

1月21日(日)


となっておりますので,「英語の勉強を頑張りたい」「何か目標を持って勉強したい」という方は,ぜひ英検の受験を検討してみてくださいね。


門野坂

閲覧数:162回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating
記事: Blog2_Post
bottom of page